カレンダー印刷を依頼する時のポイント

ネット上にある業者や印刷業者の店舗へカレンダー印刷を依頼する時には、いくつかのポイントがあります。はじめに考えるべきなのは、発行する数と予算です。一部について幾らまでのコストが許容範囲であるかを決め、優先させる印字項目やイラストの優先度を先に決めておくと、業者選びがスムーズに行きます。次に決めるのが、カレンダーの形式です。今や色々な形のユニークなカレンダーが出回っていますが、大きさや形によっても値段や利便性が違ってきます。机に置く目的の卓上カレンダーはコンパクトで、スペースを取らないのがメリットです。壁にかける目的のカレンダーは大きなものが多く、人の目につき、余白を多く取れて予定を書き込めたりするのが利点です。カレンダーを渡す相手の都合を考えてから渡すと、使ってもらえる確率が高くなります。

業者にカレンダー印刷をする時の業者選びのポイント

カレンダーを業者に依頼する事には、大きなメリットがあります。量販店に売っている商品とは違い、オリジナリティを主張できるところが最大のメリットです。自分が望むカレンダーを手に入れるためには、前述した必要事項を決めてから業者選びをします。業者選びをする時の簡単な選び方は、ネット検索してランキングサイトを探して見比べてから購入する方法です。サイトの多くは業者のサービスを第三者の目から見たものなので、様々な視点から業者の長所短所を知る事ができます。一つのランキングでは不安な場合は、複数のサイトを見比べてから決めるとより希望に近づいたカレンダー印刷が可能です。依頼をする際には年末の差し迫った時期をなるべく避け、ある程度は余裕を持った受け取り計画を組む事を推奨します。あまりに遅くに作ると、渡した相手がもうカレンダーを購入していたりするからです。

カレンダー印刷を依頼する時にかかる気になる費用

業者に依頼した時のカレンダー印刷の値段は、様々な要因によって違います。企業が100冊注文するとして、目安をシチュエーションごとに例を挙げますので、見比べてみて下さい。壁掛け用のカレンダーの場合は、100冊注文するとだいたい一冊あたり250円位です。これは機能性を重視した曜日のみ色付きのオーソドックスなカレンダーで、業者が定めている定型フォームを使った簡単な作りになります。ここに独自のロゴや写真などのオリジナルデータを加えると、定型単価の250円に50円プラスした300円が単価です。持ち運びや設置に便利な卓上カレンダーだと、100冊注文して定型型が260円になります。こちらもオリジナリティを比べると300円が単価となりますが、業者によっては値段や条件が違うので注意が必要です。ほとんどの業者では冊数が多いほうが一冊あたりの割引がききますので、一度に頼んだ方がお得です。