安くできるのが魅力なカレンダー印刷

カレンダーといえば年末が近くなるといろんな企業や店舗からもらうものがほとんどでしたが、最近では配ってくれる企業はかなり減ってきました。そうなると100円均一や文具店などでカレンダーを買わないとなりません。高いものだと1000円以上します。カレンダーには壁張り、壁掛け、卓上の3タイプがあります。壁掛けと卓上のものは日めくり、1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月などがあり、壁張りは一年分が表示されています。カレンダーの一番左に月曜日が来るもの、日曜日が来るものがあります。シンプルに数字だけが書かれているもの、大安仏滅などの六曜や満潮干潮などの塩など書かれたものなどがあります。自分でカレンダー印刷をするときは自分が必要なものだけを表示したり、好きな色で編集したりお好みのものが作れます。

自分でカレンダー印刷をするとき

カレンダー印刷にダウンロードが無料のサイトがあるので、それを使えばインク代と紙代くらいでできます。どのサイトを使うかで出来上がりが変わってきます。自分向けにカスタマイズできるのか、シンプルなものをそのまま使うのか、などを考慮しながらお好みのものを見つけてください。家庭や会社で在庫があるA4でできるものが印刷もしやすく、使いやすいです。クリアファイルに入れるだけでマグネットやクリップで留めるだけで立派なカレンダーになります。書類と同じ大きさなので持ち運びにも便利で、手帳のような感じで使うことができます。書き込みが自由にでき、マスキングテープやシール、スタンプで飾ることもできます。スマホのカレンダーも便利ですが、はやり紙のカレンダーや手帳は充電しなくても使える便利な逸材です。

カレンダー印刷を業者に依頼したものの特徴

社員や客向けに企業はカレンダー印刷を印刷会社などに依頼することがあります。企業では年末になると客に配ったり、挨拶周りをするときに持参しますが、それらは企業名が大きく入っていたり、手帳なら表紙に企業名やロゴを入れることがあります。企業名などがあまりにも大きくてカレンダーとしての機能があまり使えないようなものがあります。企業としては宣伝としてチラシのような役割を持っているものを作ることがあります。カレンダーや手帳は一年間使うものですが、使う側が飽きたり使いにくさを感じるようならアレンジしたり新しいものに交換したり、自分で作ってみたりしてもいいです。カレンダーの無料サイトで作ったものはインク代と紙代くらいで、ほとんどお金もかかってないので何度チャレンジしてもあまり抵抗はありません。